初心者の為のバッテリー講座

"車のバッテリーの一つである密閉式バッテリーはシールドタイプとも呼ばれています。
その構造から電解液が非常に減少しにくくなっており、電解液補充の手間が寿命まで一切必要としません。
メンテナンスをする必要がないのでMF(メンテナンスフリー)バッテリーとも最近では呼ばれています。

 

また電解液の減少がほとんど無いために、常に化学反応を起こせる極板が電解液に浸っていることから安定した充放電を行うことが出来ます。
その結果、高性能な場合が多くなっています。
電解液の吹きこぼしによる周囲の腐食なども非常に少なくカー用品店やディーラなどでも最近では主流として扱われています。

 

そして車両スペースの都合上メンテナンスが困難な位置にバッテリーが設置される場合におきましても、密閉型のバッテリーが多く利用されるようになってきました。"

ハワイアンジュエリーの案内
ハワイアンジュエリー
http://maile.co.jp/



【工事/部品情報】再生バッテリーの値段は安いブログ:01月17日

シェイプアップでリバウンドしないためには、
リバウンドの原因を理解しておきましょう。

シェイプアップのリバウンドとは、
せっかく減った体重が戻ってしまったり、
さらにシェイプアップ前よりも体重が増えてしまう状態です。

せっかく痩せてきれいになろう…と始めた
シェイプアップなのに、逆効果になってしまっては大変!!

そんなシェイプアップの敵である
リバウンドを引き起こさない為に
きちんとしたシェイプアップ計画を立てていきましょう。

シェイプアップで
リバウンドが発生する大きな原因の一つとして
基礎代謝力の低下があります。

基礎代謝というのは、
おいらたちが生きていくために最低限必要なエネルギーです。
常に使われているエネルギーなので、
寝ているときでも消費されているのが基礎代謝です。

人間のからだには、
環境の変化に適応する能力が備わっています。

なので、
食べる事制限によって摂取カロリーを減らしたり、
体重が急激に減少することによって、
そういった環境にからだを対応させるために
エネルギー消費量を減らしたり、
筋肉量や骨量を変化させたり…と
からだのほうが変化していきます。

このような状態になると
停滞期といって、シェイプアップを続けても
体重が減らない状態になってしまいます。

そうなると
ついシェイプアップを断念してしまうという人も
少なくありません。

エネルギー消費量が以前より減少している状態のときに
シェイプアップをやめて、
以前と同じ摂取カロリーに戻してしまうと
当然のことながらからだに脂肪が蓄積されてしまいます。

ですから、
シェイプアップでリバウンドしないためにも、
停滞期を乗り切ることが大切なんです!