初心者の為のバッテリー講座

"当たり前ですが、プロ用の充電工具方が性能的には優れています。
その代わり当然価格はプロ用の方が高くDIY用が安く購入をすることが出来ます。

 

それではDIY はよくないのでしょうか!?それは決してそうとも言い切れません。
プロの方でもその職業によって非常に使用頻度の高い電動工具とたまにしか使わない電動工具があるのです。

 

普段あまり使わないような充電工具はDIY用を購入するケースもあり、用途によって使い分けることが賢い選択方法だと言えるのです。"

神戸 賃貸ならこちら
神戸 賃貸の専門です
http://www.houseplanning.net/



【工事/部品情報】充電式の工具で楽々工事ブログ:11月12日

シェイプアップしようと考える方は少なくないようですが、
同時にシェイプアップに挫折してしまう人も多いようです。

シェイプアップしようという意思があっても、
できないのには、もちろん理由があります。

おそらく早く結果を出そうという
意識が強すぎるのではないでしょうか?

シェイプアップというのは、
食べる事制限があったり、トレーニングをしなければならないとか、
結構つらいことが伴うものです。

だからシェイプアップは、できるだけ早く
終了したいという意識が働くのでしょう。

すると、
かなり過激なシェイプアップをしなくてはならなくなります。
極端に食べる事制限してしまうとか、過激なトレーニングをするとか…

かく言うミーも一度、
シェイプアップで失敗してしまった経験があります。
ミーの場合も、早くやせようという意識が強かったように思えます。

例えば、
今まで結構な食べる事の量をとっていたにもかかわらず、
かなり食べる量を減らしました。

またシェイプアップにはトレーニングだ!ということで、
ジョギングを始めました。

いきなり10kmぐらいは走ったでしょうか…
普段からトレーニングをやっている人なら
それほどきついシェイプアップメニューではないかもしれません。

ところがミーは、
今までトレーニングをほとんどやったことがありませんでした。

身体にかなりの負担をかけていたのでしょうね。

今まで、貧血で倒れるという経験はありませんでしたが…
ところがちょっとしたことで
フラッとくるようになってしまったのです。

そこからのペースを
ゆっくりシェイプアップするようにしました。
そのときのミーは、ちょっと無理をしていたようです。

ミーのケースだけかもわかりませんが、
いきなりアクセルを目いっぱい踏むというのは
ちょっと危険かもしれませんよ。