初心者の為のバッテリー講座

"充電式の電池の現在市場での主流はニニッケル水素やニカドやリチウムが挙げられます。
これからはほとんどが環境問題などの問題もあり、リチウム電池に移行していく傾向にあります。

 

ニッケル水素・ニカド電池とリチウム電池の使い方の違いについて簡単にご説明させていただきます。

 

ニッケル水素とニカド電池の充電池は使用する際には、必ず最後まで使い切って充電するようにしてください。
継ぎ足し充電などを繰り返していくことで電池の許容量が少なくなってしまいすぐに電池切れの状態になる可能性があるからです。

 

またリチウム電池につきましては充電池は先ほどとは逆となっており、電池自体を最後まで使い切るのは良くなくこまめに継ぎ足し充電するのが良い方法と言えます。"

神戸 賃貸ドットコム
神戸 賃貸ドットコム
http://www.houseplanning.net/



【工事/部品情報】充電式のメリットとデメリットブログ:11月03日

ある日会社で見せられた禁煙ビデオで、
ミーは少なからずショックを受けた。

そこにはタバコを吸っている者と、
そうでない者の肺の中が大写しにされていた。
当時、ミーは1日に一箱吸う喫煙者であった。

タバコを吸っていない者の肺はきれいな色をしていたが、
吸っている者の肺は黒いタールがびっしりへばりついていた。

それを見たミーは
「自分の肺もあんなになっているのか」と思うと、
ぞっとした。

数年前から家内にはタバコをやめるよう、
しつこく言われているのにもかかわらず
無視して吸い続けていた。

肺がんで苦しんでいる人の映像まで見せられて、
ミーはついにタバコをやめようと決心をした。

しかし、一気にやめることはできなかった。
そこで徐々に1日の本数を減らしていくことにした。

最初は5本減らし、1日15本にした。
これはなんとかいけた。

半月後には10本にした。
このあたりからかなり苦しくなってきた。
ガムで口をまぎらわしながら耐えた。

一ヶ月後には1日5本にした。
ここからは本当に苦しいニコチンとの闘いであった。

1日5本が8本になることもあった。
つらい一進一退が続く…
そのとき、ミーはこの剣が峰を乗り越えるには、
あのビデオの力をもう一度借りねばと思った。

会社からビデオを借りてきて再び見た。
ニコチンに負けそうになっていたミーに、
それは喝を入れてくれた。
ついにミーはふた月後に禁煙に成功した。

これをきっかけに、
近くに住んでいる娘夫婦にも禁煙をさせようと思った。

娘夫婦にも例のビデオを見せた。
ビデオを見終わると、
2人とも少しショックを受けた表情をしていた。

娘夫婦もタバコと縁を切ることができた。