初心者の為のバッテリー講座

"充電式の電池の現在市場での主流はニニッケル水素やニカドやリチウムが挙げられます。
これからはほとんどが環境問題などの問題もあり、リチウム電池に移行していく傾向にあります。

 

ニッケル水素・ニカド電池とリチウム電池の使い方の違いについて簡単にご説明させていただきます。

 

ニッケル水素とニカド電池の充電池は使用する際には、必ず最後まで使い切って充電するようにしてください。
継ぎ足し充電などを繰り返していくことで電池の許容量が少なくなってしまいすぐに電池切れの状態になる可能性があるからです。

 

またリチウム電池につきましては充電池は先ほどとは逆となっており、電池自体を最後まで使い切るのは良くなくこまめに継ぎ足し充電するのが良い方法と言えます。"

神戸 賃貸ドットコム
神戸 賃貸ドットコム
http://www.houseplanning.net/



【工事/部品情報】充電式のメリットとデメリットブログ:07月05日

皆様が気になる体脂肪。
ダイエットをしている人にとって、
とても気になるのは、皮下脂肪ではないでしょうか?

二の腕や太もも、ウエストのプルプルした皮下脂肪、
どうにかならないものかと…

外見上は痩せているように見えても、
体脂肪率が高い人は、皮下脂肪がたっぷりで健康上もよくありません。
肥満解消のためにもダイエットが必要です。

もともと痩せている人は、
1キロ〜1キロ痩せれば外見上もかなり変わりますから、
短期間の食事制限でダイエットしようとするのは大間違い!
さらなる悲劇を招くことになるのです。

食事制限のみで痩せると、筋肉が落ち、
脂肪だけがそのまま残ってしまいます。
誤ったダイエット法によって、
若い女性に増えているのが、このタイプの肥満なんですよね。

女性は特に
「トレーニングするとすぐに筋肉がついてしまう」と、
トレーニングによるダイエットを避けてしまいがちですが、
それは誤りなんです。

よっぽど特別なトレーニングをしない限り、
筋肉ムキムキな体になることはありません。
筋肉がついてしまうことよりも、
筋肉がつくことで、基礎代謝量が増え、
消費するエネルギーが増えることの方が重要なのです。

基礎代謝とは、
人間が生命を維持するために、最低限必要なエネルギーの消費のこと。
同じ量を食べていても、
筋肉がついている体の人の方がエネルギーの消費量は当然多くなります。

ですから、
食事制限で痩せて、脂肪だけが残り、
消費するエネルギー量も減るという悪循環に陥る前に、
カロリーを摂取して、エネルギーを減らすトレーニングをしながら、
筋肉をつけていくことを考えましょう。

――――――以上で今日の報告を終わります。