初心者の為のバッテリー講座

"電動工具の中でも非常に重要視されているのがドリルドライバーです。
クラッチを調節することにより締め付けトルクの強さを段階調整することが出来ます。
またクラッチ目盛りを最大トルクに設定することで、通常の電気ドリルのような穴あけ作業にも使うことが出来ます。

 

そしてビットやドリル刃を装着するチャックというのは、締め付けて取り付けるタイプのことを差しており丸軸でも六角軸でも使用可能となっています。
最近ではチャックキーがいらないキーレスチャックが主流となっており、装着はワンタッチで可能です。
チャックノブを回すだけで、簡単にしっかりと取り付けることが出来てしまいます。

 

また電源は充電式のコードレスタイプをメインとして、100V電気コードタイプも発売されています。
コードレスタイプはいつでもどこでも使用することが出来るのが強みですが、電池が切れてしまうことにより、使用不能になってしまうのが欠点となります。
逆にコード式ですと、電源の確保に注意が必要となってきますが、ずっとパワフルに使用し続けることが可能というメリットもあります。"

高円寺 賃貸
高円寺 賃貸、今すぐアクセス
http://www.gulliver-nakano.jp/kouenji/



【工事/部品情報】電動の工具は充電式がオススメブログ:09月10日

俺にとってのおふくろの味は、
「たまごおかゆ」。

お母さんが聞いたら
「なにそれーっ、あんなに色んな物を食べさせたのに、
どうしてたまごおかゆなの?」と目を三角にしそうだ。

お母さんの面子に係るのであえて言っておくが、
俺のお母さんは料理上手である。

長く専業主婦だったのだが、
俺が中学生になった頃に友人の中華料理店を手伝うようになり、
食卓には餃子やチャーハン・中華飯・塩ラーメン等の庶民的なものから、
酢豚・海老チリ・八宝菜などの一品料理まで
本格的な中華料理が並んだ。

その後、フランス料理店に通って学び、
中華料理に替わって
ステーキソースから野菜サラダに至るまで、
一般家庭ではなかなか味わう事の出来ない料理が並ぶようになった。

手際がよく、もともと料理上手だったお母さんは
ひと頃には頼まれて料理教室も開く程…

離れて暮らす今はなかなか自慢の料理を口にする機会はないが、
その気になれば今でも腕をふるう事だろう。

プロ並の腕を持つお母さんだから
美味しいものといったら数限りなくあるのだが、
おふくろの味はやはり、たまごおかゆ。

留守がちなお父さんに代わって
お父さん代わりもしていたお母さんは、いつも厳しく、小さい頃から
「自分達で出来る事は自分達で!」というのを徹底していた。

滅多に手を貸してくれる事は無く、
幼いころから何でもさせられた記憶がある。

よく「友人のような親子関係」というのを聞くが、
我が家には絶対当てはまらなかった。
本当に厳しく強いお母さんだった。

そんなお母さんも、俺達が病気で具合の悪い時は優しく、
いつもたまごおかゆを作ってくれた。

白がゆに卵を溶き、ほんのり塩味のシンプルなものだったが、
本当に美味しかった。
俺にとっては、たまごおかゆ=優しいお母さんだったのかも知れない。