初心者の為のバッテリー講座

"ニッパーというのは握り具合というのが手への負担を大きく左右する工具です。
購入の際には実際にニッパーを握ってみて自分の手にフィットするかどうかを確かめると良いでしょう。

 

ニッパーにおきましてはクニペックス製のニッパーが総合的に見て良い物が取り揃っています。
クニペックス製は全てのプライヤーにおいてデザインはもちろんのこと、握り具合も耐久性も抜群なのです。
とにかく握りやすいというのが一番のメリットです。

 

しかし機能性と使い心地、さらに握り具合等を考慮すると世界で一番と言えるニッパーがバーコ製とも言えます。"

ソファベッドの案内
ソファベッド
http://innersofa.com/list/10022.html



【工事/部品情報】ニッパーの使い方の注意ブログ:01月08日

減量をする時は
「ご飯制限と適度な運動」が欠かせないって
言われていますよね?

「運動なんかしなくても、食べないだけでも痩せるんじゃないの?」
という疑問もあるでしょう。

確かに普段、運動不足気味の人には、
適度な運動というのは少々きついハードルかもしれません。

でも、
減量には、
運動が必要不可欠なんですよね。

その理由には、
筋肉が大きく関係しているようです。

筋肉というのは、
あたしたちのからだの中でも、
一二を争うほどエネルギーを使う場所なんです。

つまり、筋肉量が多い人は、
それだけエネルギーをたくさん使う人ということになります。

例えば…
ご飯制限をすることによって、
入ってくるエネルギーの量が少なくなってしまいます。

すると、からだは…
入ってくるエネルギーの量が少なくなるので、
使うエネルギー量も少なくしようとしますよね?

そして、最もエネルギーを浪費してしまう筋肉を
減らそうということになるわけです。

ご飯制限だけで減量をすると、
すぐにリバウンドしてしまうのは、
からだに筋肉がなくなってしまうことが原因なんです。

ご飯制限による減量で、
体重が減ったとしても、それは一時的なもので、
ただ単に、筋肉が削げているだけとも言えます。

逆に減量中でもからだを動かし続けていると、
筋肉を減らすことができなくなります。

ということは、
入ってくるエネルギーを減らしながら、
今までの消費エネルギーレベルを維持することができるんですね。

そして、減量が上手くいくのです!